マリンショップ ハートランド - 沖縄 慶良間 座間味島でダイビング/ホエールウォッチング/トローリングをご案内します

ホエールウォッチングならハートランド!遭遇率はほぼ100%!ザトウクジラに会いに座間味へ行こう!

ザトウクジラ

座間味は『クジラのふるさと』

絶滅したと思われていたザトウクジラが今から30年ほど前に座間味の島に帰ってきました。那覇から西へ40キロどこよりも青い サンゴ礁の海に囲まれた小さな島・座間味島へ。冬が来るたびに クジラたちは仲間を連れてやって来て、その数は毎年少しずつ増え続けています。

私たちは クジラたちにとって座間味がより過ごしやすい海になることを願い、1991年に『座間味村ホエールウォッチング協会』を設立し、クジラの保護を第一とした自主ルールに則って、クジラに逢いに行くようになりました。

今では毎年200頭以上のクジラが帰ってくるようになりました。そして、クジラが一番たくさん帰ってくるこの座間味は『クジラのふるさと』と呼ばれるようになったのです。

座間味島近海でのホエールウォッチング

ザトウクジラはクジラの中でもウォッチングに人気のクジラです。近年、座間味近海にて確認頭数がどんどん増えているザトウクジラ。『クジラの故郷』といわれるようになった座間味村ではクジラに優しい、そしてお客様に嬉しいホエールウォッチングを提唱しています。

広い海でクジラを探すのは大変なようですが、まず村内に数ヶ所ある展望台から双眼鏡でクジラを見付け、確実にクジラがいることを確認してからウォッチング船を出港させます。一つの群れのクジラに多数の船が集中してしまいクジラにストレスを与える事もないように、常に広い視野をもってクジラの状況を観察しています。クジラに逢うために、そしてクジラを保護するために細心の注意をしています。陸からのサポート、そして、船長やガイドの経験があってこそなせることです。

自慢のようですが、座間味での遭遇率はほぼ100%!!クジラにとって座間味は好条件の場所であること、そして、スタッフの連携がとれていることでなせる業だと自負しています。島のすぐ近くでクジラに会うことができるので移動時間も短く、じっくりウォッチングがお楽しみいただけます。クジラに逢えるのは、彼らが子供を産んだり育てたりするために座間味近海に帰ってくる一月から四月。ハートランドでは一日二回、一回のツアーが約2〜3時間です。

重さ30t、体長15mの大きくてダイナミックなザトウクジラ。そんなクジラを間近で見ることができるのです!那覇から高速船でたったの50分。お手軽に足を伸ばせる小さな離島、クジラとダイビングの島・座間味。肉眼でもクジラが見ることができる自然に囲まれた展望台、ケラマの青い海と魚たち、そしてクジラを愛する島民達が、絶対満足なアフターウォッチングもお手伝いします。